湾岸戦争−メディアの敗北

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,007
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     1997年1月17日から2月28日の約一ヶ月間、イラク軍のクウェート侵攻によってアメリカを中心とする多国籍軍とイラクとの間に湾岸戦争が起こった。湾岸戦争におけるメディアの役割として挙げられるのは、技術の進歩で情報の伝達スピードが躍進し、メディアが外交の手段になったことと、多国籍軍による報道規制で報道される情報が限られ、アメリカによる世論操作の一端を担ったことの2つである。
     湾岸戦争といって思い出されるのは、暗闇のなか花火のように空中に光が炸裂するピンポイント攻撃の生中継であろう。湾岸戦争では、通信技術の革新のよって戦争の同時生中継が可能となった。これは、世界中の人に衝撃を与えると同時に、外交の手段にも変化を及ぼした。それまで、戦争当事国の意向は、大使を通じて相手国に伝達されていたが、湾岸戦争ではメディアがその伝達をした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                 『湾岸戦争-メディアの敗北』     
     1997年1月17日から2月28日の約一ヶ月間、イラク軍のクウェート侵攻によってアメリカを中心とする多国籍軍とイラクとの間に湾岸戦争が起こった。湾岸戦争におけるメディアの役割として挙げられるのは、技術の進歩で情報の伝達スピードが躍進し、メディアが外交の手段になったことと、多国籍軍による報道規制で報道される情報が限られ、アメリカによる世論操作の一端を担ったことの2つである。
     湾岸戦争といって思い出されるのは、暗闇のなか花火のように空中に光が炸裂するピンポイント攻撃の生中継であろう。湾岸戦争では、通信技術の革新のよって戦争の同時..

    コメント1件

    03ea081e 購入
    展開内容に多少物足りなさを感じます。
    2006/04/02 19:57 (10年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。