生活習慣病について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数351
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「生活習慣病について述べなさい。」
    1.生活習慣病の概要
    平成10年度に、成人病に代わって生活習慣病という言葉が用いられるようになった。成人病は加齢に着目したもので、老人性痴呆などの歳をとったらやむを得えずかかる疾患のことを指している。それに対して、生活習慣病とは、意識して生活習慣を改善することで発症や進行が予防できるものを指す。生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾病群」と定義されている。これは、その病気にかかりやすい体質の人に、不適切な食習慣や運動不足、さらにストレスなどが加わって発症するものと考えられている。
    2.主な生活習慣病とその予防
    2.1 悪性新生物(がん)
    粘膜表面を被う上皮細胞からできる腫瘍と、間質といわれる部分の細胞が悪性腫瘍になる肉腫、白血病とがあり、基本的にすべての臓器・組織に発生する。始めに発生した臓器を占拠破壊しながら、血液やリンパ液の循環と共に他臓器に転移し、ついには個体が死に至るまで増殖するという特徴を持つ。
    がんは、1981年以後、日本人の死因の1位を占めている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生活習慣病について述べなさい。」
    1.生活習慣病の概要
    平成10年度に、成人病に代わって生活習慣病という言葉が用いられるようになった。成人病は加齢に着目したもので、老人性痴呆などの歳をとったらやむを得えずかかる疾患のことを指している。それに対して、生活習慣病とは、意識して生活習慣を改善することで発症や進行が予防できるものを指す。生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾病群」と定義されている。これは、その病気にかかりやすい体質の人に、不適切な食習慣や運動不足、さらにストレスなどが加わって発症するものと考えられている。
    2.主な生活習慣病とその予防
    2.1 悪性新生物(がん)
    粘膜表面を被う上皮細胞からできる腫瘍と、間質といわれる部分の細胞が悪性腫瘍になる肉腫、白血病とがあり、基本的にすべての臓器・組織に発生する。始めに発生した臓器を占拠破壊しながら、血液やリンパ液の循環と共に他臓器に転移し、ついには個体が死に至るまで増殖するという特徴を持つ。
    がんは、1981年以後、日本人の死因の1位を占めている。がんの部位別死亡率を見ると、男性では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。