高齢者虐待

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,179
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    【序】高齢者虐待
    <日本の現状>
     「高齢」「痴呆」「寝たきり」といった様々な理由
    ⇒多くの高齢者の命がないがしろに
    高齢者虐待を直接、防止するための法はない ⇔ 児童虐待防止法
    ⇒老人福祉法の基本的な理念をとっている
    具体的なものは…
    ・介護保険制度の施行
    ⇒施設における身体拘束の原則禁止
    ・社会福祉法
    ⇒施設に「苦情解決責任者」の設置
    家庭内で行われた暴力行為に対する法的対応
    ・児童虐待防止法(2000年11月施行)
    ・配偶者間暴力防止法(2001年10月施行)
    ⇒最後に残された高齢者虐待にどう取り組むか?
    <虐待を受ける高齢者の例>
    ・寝たきりになって身の回りのことができない
    ・徘徊や妄想など痴呆特有の問題行動
    ⇒重度な介護が必要な場合が多い
    ■虐待の種類 
    <身体的暴力>
    ・暴力的な行為など
    外部との接触を意図的、継続的に遮断する行為も含む。
    <心理的虐待>
    ・言葉の暴力や威圧的な態度、無視、嫌がらせ等
    高齢者に精神的・情緒的に苦痛を与えること。
    <介護や世話の放棄・放任(ネグレクト)>
    ・意図的・結果的を問わず、介護や生活の世話を行っている家族が、その提供を放棄・放任
    高齢者の生活環境や高齢者自身の身体的・精神的な状態を悪化させること。
    <性的虐待>
    ・本人との間で合意がない、あらゆる形態の性的な行為とその強要。
    <経済的虐待>
    ・本人の合意なしに財産を処分したり、本人の希望する金銭の使用を理由なく制限したりすること
    cf) 米国⇒自虐や自己放任(セルフネグレクト)といった高齢者の自己放棄的な態度を取って生活していることを虐待に含める説もある

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      【序】高齢者虐待
         <日本の現状>
     「高齢」「痴呆」「寝たきり」といった様々な理由
    ⇒多くの高齢者の命がないがしろに
    高齢者虐待を直接、防止するための法はない ⇔ 児童虐待防止法
    ⇒老人福祉法の基本的な理念をとっている
    具体的なものは…
    ・介護保険制度の施行
    ⇒施設における身体拘束の原則禁止
    ・社会福祉法
    ⇒施設に「苦情解決責任者」の設置
    家庭内で行われた暴力行為に対する法的対応
    ・児童虐待防止法(2000年11月施行)
    ・配偶者間暴力防止法(2001年10月施行)
                            ⇒最後に残された高齢者虐待にどう取り組むか?
    <虐待を受ける高齢者の例>
    ・寝たきりになって身の回りのことができない
    ・徘徊や妄想など痴呆特有の問題行動
    ⇒重度な介護が必要な場合が多い
      ■虐待の種類 
       <身体的暴力>
    ・暴力的な行為など
    外部との接触を意図的、継続的に遮断する行為も含む。
       <心理的虐待>
    ・言葉の暴力や威圧的な態度、無視、嫌がらせ等 高齢者に精神的・情緒的に苦痛を与えること。
       <介護や世話の放棄・放任(ネグレクト)>
       ..

    コメント1件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/08/13 2:26 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。