意思決定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,080
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     意思決定について初めに論じたのはバーナードだと言われている。バーナードの説は意思決定には個人が個人的な問題について行う「個人的意思決定」と組織の目的達成の為に行われる「組織的意思決定」があるというものであった。このことを経営の重要要素として取り上げたのがサイモンである。サイモンは意思決定に重要なのはプロセスであるとし、意思決定の一般モデルを提示した。
     以下はサイモンの意思決定プロセスである。
    情報活動
     環境を検索して意思決定すべき問題を発見、認識する。
    設計活動
     情報活動で認識された問題を解決する為に可能な代替案を設計する。
    選択活動
     設計活動で得られた代替案の中から特定のものを選択する。
    検討活動
     選択活動で選択された代替案を実行した結果を評価、検討する。検討したことは次の意思決定への参考にする。
     このサイモンの意思決定モデルはどのポジションにいる人にも利用できる一般的なものである。一方、チャンドラーは「戦略的決定」(企業の長期的な体質に関する意思決定)と「戦術的決定」(日常の諸活動に関する意思決定)との二つに分けた事により、ポジションによる意思決定の差を与えた。これにより、サイモンの意思決定と違い、より幅の広い専門的な意思決定が可能になった。チャンドラーは経営資源の配分や開発などの意思決定はトップの意思決定、資源の利用のための意思決定はミドル以下の意思決定と定義している。アンゾフの意思決定も、サイモンと異なり意思決定を「戦略的意思決定」(企業にとって利益を最適化するような製品、市場の選択のため意思決定)、「管理的意思決定」(最適な業績を上げるための経営資源の組織化のための意思決定)、「業務的意思決定」(投資利益率の最適な実現のための意思決)の三つに分けている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    意思決定について初めに論じたのはバーナードだと言われている。バーナードの説は意思決定には個人が個人的な問題について行う「個人的意思決定」と組織の目的達成の為に行われる「組織的意思決定」があるというものであった。このことを経営の重要要素として取り上げたのがサイモンである。サイモンは意思決定に重要なのはプロセスであるとし、意思決定の一般モデルを提示した。
    以下はサイモンの意思決定プロセスである。
    情報活動
    環境を検索して意思決定すべき問題を発見、認識する。
    設計活動
    情報活動で認識された問題を解決する為に可能な代替案を設計する。
    選択活動
    設計活動で得られた代替案の中から特定のものを選択する。
    検討活動
    選択活動で選択された代替案を実行した結果を評価、検討する。検討したことは次の意思決定への参考にする。
    このサイモンの意思決定モデルはどのポジションにいる人にも利用できる一般的なものである。一方、チャンドラーは「戦略的決定」(企業の長期的な体質に関する意思決定)と「戦術的決定」(日常の諸活動に関する意思決定)との二つに分けた事により、ポジションによる意思決定の差を与えた。これにより、サイモン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。