ノンバーバルコミュニケーション

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数8,771
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     ノンバーバルコミュニケーションとは、言語を伴わない遺書表現の事を指す。実際ビジネスでもこのノンバーバルコミュニケーションを上手く利用して取引されていることが多い。実際、日本人の会話の約70%は言語を伴わないコミュニケーションによって成立っている。言語を伴わない会話とは、ジェスチャーや表情、態度などがある。諸外国に比べ、日本人はこのようなノンバーバルコミュニケーションを非常に重視している。その理由は、日本の会話文化が高コンテクストだからである。
     日本人の会話は言葉に含まれる情報が少なく、相手の素振りや表情からその言葉の真の意味を見出すことが多い。また、昔から日本人は、他人から見た自分を良く見せようとする傾向がある。その為、はっきりと物事を言えない。もし、はっきりと何かを伝えてしまったら、相手にとって失礼かもしれないし、又、相手から見る自分のイメージも変わってしまうかもしれない。つまりこの時点で他人に対し、対人恐怖的心性の過剰配慮を行ってしまっているのである。これらの要因が高コンテクスト文化を産み出しているのである。
     一方、アメリカの場合は、言葉に含まれる情報と素振り、表情が一致している為、言葉を聞くだけで、相手の意思がよくわかる。つまり、日本とはまったく逆なのである。こうした要因が低コンテクスト文化を産み出す。
     ではなぜこの高コンテクスト文化、低コンテクストという違う文化が生まれたのだろうか。高コンテクスト文化を持つ日本と、低コンテクスト文化を持つアメリカを比べてみるとよくわかる。日本は人種が黄色人種という一種類の人種しか生活していない。よって文化も一つしかない。一方、アメリカは、さまざまな人種により構成されている国家であり、人種の数だけ文化があると考えられる。これらを比較することによって何がわかるかというと、コミュニケーションの方法である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ノンバーバルコミュニケーションとは、言語を伴わない遺書表現の事を指す。実際ビジネスでもこのノンバーバルコミュニケーションを上手く利用して取引されていることが多い。実際、日本人の会話の約70%は言語を伴わないコミュニケーションによって成立っている。言語を伴わない会話とは、ジェスチャーや表情、態度などがある。諸外国に比べ、日本人はこのようなノンバーバルコミュニケーションを非常に重視している。その理由は、日本の会話文化が高コンテクストだからである。
    日本人の会話は言葉に含まれる情報が少なく、相手の素振りや表情からその言葉の真の意味を見出すことが多い。また、昔から日本人は、他人から見た自分を良く見せようとする傾向がある。その為、はっきりと物事を言えない。もし、はっきりと何かを伝えてしまったら、相手にとって失礼かもしれないし、又、相手から見る自分のイメージも変わってしまうかもしれない。つまりこの時点で他人に対し、対人恐怖的心性の過剰配慮を行ってしまっているのである。これらの要因が高コンテクスト文化を産み出しているのである。
    一方、アメリカの場合は、言葉に含まれる情報と素振り、表情が一致している為..

    コメント1件

    nobutaro 購入
    外国のノンバーバルコミュニケーションの例として出された「ペプシマン」は日本専用のCM用キャラクターなので、残念ながら説得力はゼロだが、それ以外の説明、着眼点はおもしろかった。
    2007/05/17 8:19 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。