サービスマーケティング

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,697
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     サービス・マーケティングは、所得の増大、週休二日制、労働時間の短縮、情報化の進展、国際化の進展、女性の社会進出、高齢化社会の到来、規制緩和などの影響により、無体財の比率が上昇し、そのマーケティング問題に対処するために生まれてきたものである。主に70年代に北米とヨーロッパで始まり、80年代になって盛んに研究されるようになった。サービス・マーケティングは従来のマーケティング方法に比べ、戦略的なものも複雑になり多くの問題を提示し続けている。
     実際、従来のマーケティングはProduct (品質、特徴、ブランド、保証、返品など)、Price (標準価格、割引、差別化、支払期間など )、Promotion (広告、パブリシティ、販売促進、人的販売など)、Place (立地、チャネルタイプ、ターゲット市場など )といった4Pを主体としていた。サービス・マーケティングはその4Pに更に、Physical Evidence (施設デザイン、サイン、物の配置、色など)、Process(業務フロー、手順、教育・報奨制度など)、People (従業員、顧客など )といった新しく3Pを加えたものである。新しく加えられた3Pは、人間心理にかかわるもので、従来のマーケティングでは軽視されていた部分でもある。ではこの3Pを新しく加えることによってどんなマーケティングが出来るのだろうか。
     サービス・マーケティングは先ほどの述べたように、人間心理を取り入れた新しいマーケティングである。従来のマーケティングはハード面の戦略しか立てられず、結果、それが従業員の人権を無視するような戦略になってしまったのである。また、従業員に権限を与えないサービスというのは、対応スピードも遅く、結果的に消費者に不満を与えてしまう。サービス・マーケティングが取り入れられたことにより、店舗運営上の課題、主に労務管理や組織体制を改善し、利益を向上させることが可能となった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    サービス・マーケティングは、所得の増大、週休二日制、労働時間の短縮、情報化の進展、国際化の進展、女性の社会進出、高齢化社会の到来、規制緩和などの影響により、無体財の比率が上昇し、そのマーケティング問題に対処するために生まれてきたものである。主に70年代に北米とヨーロッパで始まり、80年代になって盛んに研究されるようになった。サービス・マーケティングは従来のマーケティング方法に比べ、戦略的なものも複雑になり多くの問題を提示し続けている。
    実際、従来のマーケティングはProduct (品質、特徴、ブランド、保証、返品など)、Price (標準価格、割引、差別化、支払期間など )、Promotion (広告、パブリシティ、販売促進、人的販売など)、Place (立地、チャネルタイプ、ターゲット市場など )といった4Pを主体としていた。サービス・マーケティングはその4Pに更に、Physical Evidence (施設デザイン、サイン、物の配置、色など)、Process(業務フロー、手順、教育・報奨制度など)、People (従業員、顧客など )といった新しく3Pを加えたものである。新しく加え..

    コメント1件

    fudandaxue 購入
    ,
    2007/05/09 23:42 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。