国家の歴史管理と教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数252
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     国は歴史も教育も管理する。ということは、国の考える歴史が、学校を通してそのまま子どもに教育されるということになる。ノーベル文学賞を受賞し、ラッセル・アインシュタイン宣言の起草者でもあるバートランド・ラッセルはこのように言う。
     彼等は外国の犯罪は教え込まれる。然し彼等自身の国家の犯罪は教えられない。彼等は彼等自身の参加した戦争はすべて、防衛のための戦争であって、外国の戦争は皆侵略のための戦争だと考えるように指導されている。期待に反して、彼等自身の国がある外国を征服するときは、それが文明や福音の光や、高い道徳の調子や、同様に崇高な他の何かを拡めるために、そのような征服をするのだと信ずるように教え込まれる。
     極端な話のように聞こえるかもしれないが、ここ数年のアメリカを中心とした大国の論理はこのようなものではないだろうか。そして日本もその一員である以上、国が進める教育もこの論理に従うようになりつつある。
     しかし、第二次大戦終了後数年間は、官民一体となって悲惨な戦争体験の継承が行われ、絶対に戦争をしない国になる決意があった。1950年10月、文部省大臣官房渉外ユネスコ課長、西村巌の発表した報告書にはこうある。
    平和運動としての国際理解の教育研究協議会報告書(1950年 文部省)
    1. 戦争は人間の心の中で始まるものであるから、平和のとりでは人間の心の中に築かれなければならない。
    2. 争いが平和的に解決できない場合は文明に大きな損害を与える。
    3. われわれの日常生活は、物質的にも精神的にも世界とつながっている。
    4. 科学技術の発達は世界の国々の関係をますます深いものにした。
    5. 科学的研究の成果は国際親善を深めることに利用されるよう努力しなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国家の歴史管理と教育
     国は歴史も教育も管理する。ということは、国の考える歴史が、学校を通してそのまま子どもに教育されるということになる。ノーベル文学賞を受賞し、ラッセル・アインシュタイン宣言の起草者でもあるバートランド・ラッセルはこのように言う。
    彼等は外国の犯罪は教え込まれる。然し彼等自身の国家の犯罪は教えられない。彼等は彼等自身の参加した戦争はすべて、防衛のための戦争であって、外国の戦争は皆侵略のための戦争だと考えるように指導されている。期待に反して、彼等自身の国がある外国を征服するときは、それが文明や福音の光や、高い道徳の調子や、同様に崇高な他の何かを拡めるために、そのような征服をする..

    コメント1件

    05b3121 購入
    あまり参考にはなりませんでした。
    2007/06/16 2:55 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。