子どもの健康を考えるということ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数443
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     子どもの健康を考えるには、大きく3つ(守る、育てる、教える)のことを頭に入れておかなくてはならない。教師が子どもに対してできる健康のことといえば、ただ単に「子どもを守る」ということくらいしかないと思われる場面も多々あるが、それだけではなく、学校保健として考えた場合、「守る」にも様々な種類があることや、他にも、子どもの発達を保障するために援助するということを表す「育てる」、さらに、子どもの保健認識や実践力を育成するということを表す「教える」の3つの柱が、大事な役割を果たしているのである。
     そのことを踏まえ、広く子どもの健康について考えるとき、教師として必要なのは、子どものからだが健康かどうか見極めるということである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもの健康を考えるということ
     子どもの健康を考えるには、大きく3つ(守る、育てる、教える)のことを頭に入れておかなくてはならない。教師が子どもに対してできる健康のことといえば、ただ単に「子どもを守る」ということくらいしかないと思われる場面も多々あるが、それだけではなく、学校保健として考えた場合、「守る」にも様々な種類があることや、他にも、子どもの発達を保障するために援助するということを表す「育てる」、さらに、子どもの保健認識や実践力を育成するということを表す「教える」の3つの柱が、大事な役割を果たしているのである。
    そのことを踏まえ、広く子どもの健康について考えるとき、教師として必要なのは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。