鶴田清司『「スイミー」の〈解釈〉と〈分析〉』の要約と考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数930
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    一、要約
     テクストを〈解釈〉するための、適切な〈前理解〉を形成する手段として、「身体運動」や「身体感覚」の経験が大いに有効である。そこで、劇化活動(動作化)やペープサート(紙人形)などの活用が、本文の豊かな〈解釈〉にとって不可欠なものになろう。その実践例として、二宮小夜子氏、長嶋美智子氏を紹介している。
     「スイミー」だけに限らず、どんな文学作品も、より豊かに深く読むための拠点(手がかり)として、子どもの「からだ」をくぐらせ、具体的かつ感覚的に〈前理解〉を形成していくという点が、鳥山流である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    鶴田清司『「スイミー」の〈解釈〉と〈分析〉』の要約と考察
    Ⅳ 「スイミー」の〈解釈〉
    3 鳥山敏子氏の授業における〈解釈〉
    要約
        テクストを〈解釈〉するための、適切な〈前理解〉を形成する手段として、「身体運動」や「身体感覚」の経験が大いに有効である。そこで、劇化活動(動作化)やペープサート(紙人形)などの活用が、本文の豊かな〈解釈〉にとって不可欠なものになろう。その実践例として、二宮小夜子氏、長嶋美智子氏を紹介している。
        「スイミー」だけに限らず、どんな文学作品も、より豊かに深く読むための拠点(手がかり)として、子どもの「からだ」をくぐらせ、具体的かつ感覚的に〈前理解〉を形成し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。