「命」の大切さを子どもたちにどのように伝えていくか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数615
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「命」について授業で扱う場合、最も効果的に扱える場面として、総合的な学習の時間を活用することが挙げられる。私たち人間はもちろん、他の動物、植物にもすべて命が宿り、誰もが共通して向き合っていかなければならないテーマだからである。それらの命を見つめ、自分が生きていく上で命というものがどのようにかかわっているのかを考えることは、最も基本的なことだとも言えるのではないだろうか。
    人間の命を直接捉えた実践として、東京四谷のある小学校では、6年間を通した授業が行われている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「命」の大切さを子どもたちにどのように伝えていくか
     「命」について授業で扱う場合、最も効果的に扱える場面として、総合的な学習の時間を活用することが挙げられる。私たち人間はもちろん、他の動物、植物にもすべて命が宿り、誰もが共通して向き合っていかなければならないテーマだからである。それらの命を見つめ、自分が生きていく上で命というものがどのようにかかわっているのかを考えることは、最も基本的なことだとも言えるのではないだろうか。
     人間の命を直接捉えた実践として、東京四谷のある小学校では、6年間を通した授業が行われている。低学年では命の誕生を、高学年では自分たちと同じ年齢の子どもが、例えばアフリカな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。