『坊ちゃん』テクスト的分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,009
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?要約
    いたずらものの坊ちゃんは小さい頃から悪さばかりしていた。おかげで両親には愛想つかされ、兄にも白い目で見られていた。坊ちゃんが物理学校卒業を間近に控えた頃、父親が急死してしまった。母親も早くに死んでいて、また兄も坊ちゃんを見捨てたために行くあてがなくなった坊ちゃんだったが、学校を卒業するときに校長の世話で、四国にある中学校に数学の教師として勤めることになる。
    四国に着き、中学校に挨拶に行った日に、彼は校長に「たぬき」、教頭に「赤シャツ」、自分と同じ数学の主任教師には「山あらし」、英語の顔色の悪い教師には「うらなりくん」、画学の教師には「野だいこ」などとあだ名をつける。
     坊ちゃんは、転任早々、生徒たちのいたずらにあって、散々な目にあう。そんな右も左もわからない坊ちゃんを最初に世話をしてくれたのが「山あらし」である。ところが「赤シャツ」と「野だいこ」の二人は、「山あらし」は実は悪人だから気をつけろという。当の「山あらし」は、例の二人こそ悪者だから気をつけろという。どうも、彼らは学校の中で対立しているようであった。坊ちゃんは、最初は「山あらし」とちょっとしたいざこざがあったため、彼を毛嫌いしていたが、次第に仲良くなり、彼の見方につくようになっていった。そして、あるとき坊ちゃんは赤シャツと野だいこに釣りに誘われて一緒に行くわけだが、坊ちゃんが釣りの最中に眠くなってうとうとしていると、二人がこそこそと話しているのが聞こえる。その内容から、坊ちゃん転任当初に生徒たちから受けたいたずらは、実は赤シャツと野だいこが指揮していたものであるということがわかり、完全に二人を敵対視するようになる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ⅰ 要約
     いたずらものの坊ちゃんは小さい頃から悪さばかりしていた。おかげで両親には愛想つかされ、兄にも白い目で見られていた。坊ちゃんが物理学校卒業を間近に控えた頃、父親が急死してしまった。母親も早くに死んでいて、また兄も坊ちゃんを見捨てたために行くあてがなくなった坊ちゃんだったが、学校を卒業するときに校長の世話で、四国にある中学校に数学の教師として勤めることになる。
     四国に着き、中学校に挨拶に行った日に、彼は校長に「たぬき」、教頭に「赤シャツ」、自分と同じ数学の主任教師には「山あらし」、英語の顔色の悪い教師には「うらなりくん」、画学の教師には「野だいこ」などとあだ名をつける。
     坊ちゃんは、転任早々、生徒たちのいたずらにあって、散々な目にあう。そんな右も左もわからない坊ちゃんを最初に世話をしてくれたのが「山あらし」である。ところが「赤シャツ」と「野だいこ」の二人は、「山あらし」は実は悪人だから気をつけろという。当の「山あらし」は、例の二人こそ悪者だから気をつけろという。どうも、彼らは学校の中で対立しているようであった。坊ちゃんは、最初は「山あらし」とちょっとしたいざこざがあったため..

    コメント1件

    aloe810 購入
    内容に対しての価格の設定が悪い
    2007/01/29 0:13 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。