現在と過去のオイルショックの流れについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数727
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     第一次オイルショックは、1973年10月、第四次中東戦争を機によって引き起こされました。アラブ諸国の禁輸措置,OPECによる原油価格の引き上げによって、石油価格に変動が起こってしまい、石油に携わる工業や企業に深刻な影響を及ぼしたことによるものです。
     第二次オイルショックは、1978年末から79年春のイラン革命によって、産油量が減り、原油価格が急騰してしまった事態のことを指しています。石油高騰によって、市場に十分な供給がなされていなかったために第2次石油危機と呼びます。
     また、アラブ諸国が石油による利益のおかげで国の資金が潤う一方,先進工業諸国は経常収支赤字が起こるだけでなく,インフレーションも併発してしまうという深刻な事態になってしまっていました。更に、スタグフレーションも起こってしまい、非常に悪循環な状況に陥ってしまっていました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在と過去のオイルショックの流れについて
    第一次オイルショックは、1973年10月、第四次中東戦争を機によって引き起こされました。アラブ諸国の禁輸措置,OPECによる原油価格の引き上げによって、石油価格に変動が起こってしまい、石油に携わる工業や企業に深刻な影響を及ぼしたことによるものです。
    第二次オイルショックは、1978年末から79年春のイラン革命によって、産油量が減り、原油価格が急騰してしまった事態のことを指しています。石油高騰によって、市場に十分な供給がなされていなかったために第2次石油危機と呼びます。
    また、アラブ諸国が石油による利益のおかげで国の資金が潤う一方,先進工業諸国は経常収支..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。