『集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,123
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.集団援助技術の意義
     集団援助技術は、社会福祉援助技術の体系にしたがうと、直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術のうち、利用者自身への直接的な二つの固有な方法による伝統的な特徴のある直接援助技術によって構成されている?個別援助技術、?集団援助技術のうちの一つである。そして、「集団」を構成する「個人」同士の間に働く相互作用を活用して、「個人」一人ひとりの問題を解決させ、ニーズの充足を達成するための技術・方法である。
    またその特徴は、対象となる人々の問題解決を、利用者と支援者が参加し協働する小グループ活動場面の構成と過程の展開を通じて支援するところにある。すなわち、集団援助技術は、構成員が相互に支援過程に参加し、交流を深めることによって、個々の問題解決と成長を可能にしようとするものである。
    2.集団援助技術の特質・原則
    (1) 集団援助技術にはいくつもの理論モデルがあるが、その源流は1960年の年代の主な理論である「社会的目標モデル」「治療モデル」「相互作用モデル」と、「生態学モデル」の理論体系に要約できる。
     これらの理論を分析すると集団援助技術の特質として、次のような共通点が見られる。
    ?集団援助技術の目標は、利用者の相互援助体制をつくること。
    ?利用者の成長と変化は、援助者と利用者との相互作用によって起こるのではなく、利用者同士の相互作用によって起こるものである。
    ?援助者の援助課題は、グループ内に相互援助体制を作ることである。(援助者は、グループの発達過程の理解とそれに対する介入である)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ。』
    1.集団援助技術の意義
     集団援助技術は、社会福祉援助技術の体系にしたがうと、直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術のうち、利用者自身への直接的な二つの固有な方法による伝統的な特徴のある直接援助技術によって構成されている①個別援助技術、②集団援助技術のうちの一つである。そして、「集団」を構成する「個人」同士の間に働く相互作用を活用して、「個人」一人ひとりの問題を解決させ、ニーズの充足を達成するための技術・方法である。
    またその特徴は、対象となる人々の問題解決を、利用者と支援者が参加し協働する小グループ活動場面の構成と過程の展開を通じて支援するところにある。すなわち、集団援助技術は、構成員が相互に支援過程に参加し、交流を深めることによって、個々の問題解決と成長を可能にしようとするものである。
    2.集団援助技術の特質・原則
    (1) 集団援助技術にはいくつもの理論モデルがあるが、その源流は1960年の年代の主な理論である「社会的目標モデル」「治療モデル」「相互作用モデル」と、「生態学モデル」の理論体系に要約できる。
     これらの理論を..

    コメント4件

    dougane 購入
    簡潔でよい。
    2006/05/10 11:18 (10年7ヶ月前)

    hn830928 購入
    参考にします
    2006/06/14 19:33 (10年6ヶ月前)

    akim28 購入
    参考にします。
    2006/09/07 10:55 (10年3ヶ月前)

    yuuki407 購入
    参考になりました。
    2007/10/26 11:31 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。