投資によるキャピタルゲインの認識について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数296
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     不動産などの資産を売却した時に得られる差益のことをキャピタルゲインといいます。値上がり益、売却益、譲渡益、などと別の名称でも知られています。税務上は、譲渡所得で、一般の給与所得や事業所得などとは別に分離課税されるのが一般的です。特に個人の株式譲渡益課税のことをキャピタルゲイン課税と呼び、申告分離課税が原則になっています。値下がりして損失が出た場合は、キャピタルロスと呼ばれています。キャピタルの意味は資本または元金という意味を表しています。通常、キャピタルゲインとは資本利得、保有資産の売却で生じる利得や、株価などの値上がりによる売買益とあります。
     具体的な例は、為替レートの変動の例を挙げてみます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    投資によるキャピタルゲインの認識について
     不動産などの資産を売却した時に得られる差益のことをキャピタルゲインといいます。値上がり益、売却益、譲渡益、などと別の名称でも知られています。税務上は、譲渡所得で、一般の給与所得や事業所得などとは別に分離課税されるのが一般的です。特に個人の株式譲渡益課税のことをキャピタルゲイン課税と呼び、申告分離課税が原則になっています。値下がりして損失が出た場合は、キャピタルロスと呼ばれています。キャピタルの意味は資本または元金という意味を表しています。通常、キャピタルゲインとは資本利得、保有資産の売却で生じる利得や、株価などの値上がりによる売買益とあります。  具..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。