キャッシュフローの持っている意味について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数771
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     キャッシュフローとは、投資活動や経費として実際に支出したお金と、売上によって入ってきたお金の動きの流れを意味しています。最終的には、損益計算書のプラス・マイナス(現金残高)で表現されています。これは、会計基準が変わってもキャッシュフローは変わらないために、事業の収益性を判断する、といううえで非常に重要な指標になっています。不動産経営においては、継続的に入る賃料収入(インカムゲイン)と売却益(キャピタルゲイン)、この二つの総和がキャッシュフローとなっています。また、キャッシュフローの持っている意味合いには、設備投資や日常業務に使える流動性の資金があるということを認識させてくれる役割を担っており、それは、とても大事な要素です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    キャッシュフローの持っている意味について
    キャッシュフローとは、投資活動や経費として実際に支出したお金と、売上によって入ってきたお金の動きの流れを意味しています。最終的には、損益計算書のプラス・マイナス(現金残高)で表現されています。これは、会計基準が変わってもキャッシュフローは変わらないために、事業の収益性を判断する、といううえで非常に重要な指標になっています。不動産経営においては、継続的に入る賃料収入(インカムゲイン)と売却益(キャピタルゲイン)、この二つの総和がキャッシュフローとなっています。また、キャッシュフローの持っている意味合いには、設備投資や日常業務に使える流動性の資金があるとい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。