自然主義と描写論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数847
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    〜自然主義者と反自然主義者〜
                         
    ・自然主義とは
     19世紀後半に広がった文学・芸術の思想と創作態度のこと。自然科学の発達や、社会の矛盾の増大に刺激されておこったもので、現実を理想化せず、社会や人間、自然などを醜いものも含めてありのままに描こうとした。フランスを中心におこり、ゾラ・フロベール・モーパッサンなどが代表。日本では日露戦争ごろから盛んで、島崎藤村・田山花袋・国木田独歩・正宗白鳥らに代表される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ~自然主義者と反自然主義者~
                         
    自然主義とは
     19世紀後半に広がった文学・芸術の思想と創作態度のこと。自然科学の発達や、社会の矛盾の増大に刺激されておこったもので、現実を理想化せず、社会や人間、自然などを醜いものも含めてありのままに描こうとした。フランスを中心におこり、ゾラ・フロベール・モーパッサンなどが代表。日本では日露戦争ごろから盛んで、島崎藤村・田山花袋・国木田独歩・正宗白鳥らに代表される。小説としては、島崎藤村の「破壊」に始まり、田山花袋の「蒲団」で完成する。
    自然主義者と反自然主義者の対立
     自然主義者は、「自然」ということを「醜い部分まで..

    コメント1件

    toursachiko 購入
    分かりやすいです。
    2006/10/21 11:34 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。