「12人の優しい日本人」を見て陪審員制度について考える

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数532
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    講義でとりあげたテーマについてということだったので、私が講義の中で一番興味を持った事柄である、陪審員制度について書きたいと思います。授業の際に『12人の優しい日本人』というビデオを見せてもらい多少の説明を受けましたが、あのビデオは私にとって衝撃的なものでした。以前に『行かれる12人の男たち』という同じような陪審員制度のビデオを見たことがありますが、内容が同じでも国が違うだけでその国の国民性が出ているような気がしました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「12人の優しい日本人」を見て陪審員制度について考える
                           
     講義でとりあげたテーマについてということだったので、私が講義の中で一番興味を持った事柄である、陪審員制度について書きたいと思います。授業の際に『12人の優しい日本人』というビデオを見せてもらい多少の説明を受けましたが、あのビデオは私にとって衝撃的なものでした。以前に『行かれる12人の男たち』という同じような陪審員制度のビデオを見たことがありますが、内容が同じでも国が違うだけでその国の国民性が出ているような気がしました。陪審員制度とは、国ごとに多少の違いはありますが、簡単に言うと現在日本が行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。