私小説における「私」の存在とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数330
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート日本文学私小説視点

    代表キーワード

    文学私小説

    資料紹介

     明治時代の文学は、江戸時代の読本の流れをうけついでいる。明治時代になると、戯作文学というものが発達してきた。戯作文学には、必ず善人が悪人を懲らしめるといった勧善懲悪の思想と、毎回おんなじことが繰り返される紋切り型という特徴がある。水戸黄門なんかがそのいい例である。水戸黄門では必ず悪代官が町民をいたぶり、そこに現れる善人の黄門様が助さんと角さんを擁して悪代官の悪事を追求し、町人を救うといったパターンで、勧善懲悪の思想も紋切り型のパターンも組み込まれている。これは江戸時代からの流行で、文明開化(人知が発達し、世の中が開けて生活が便利になること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私小説における「私」の存在とは
                          
     明治時代の文学は、江戸時代の読本の流れをうけついでいる。明治時代になると、戯作文学というものが発達してきた。戯作文学には、必ず善人が悪人を懲らしめるといった勧善懲悪の思想と、毎回おんなじことが繰り返される紋切り型という特徴がある。水戸黄門なんかがそのいい例である。水戸黄門では必ず悪代官が町民をいたぶり、そこに現れる善人の黄門様が助さんと角さんを擁して悪代官の悪事を追求し、町人を救うといったパターンで、勧善懲悪の思想も紋切り型のパターンも組み込まれている。これは江戸時代からの流行で、文明開化(人知が発達し、世の中が開..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。