近代文学における「語り」と「描写」の関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数701
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート日本文学語り描写視点

    代表キーワード

    文学描写

    資料紹介

    「語り」と「描写」の関係性についてとあるが、このことについて述べるにあたって最も重要になってくるのが作品の語り手、すなわち叙述者の存在である。物語を進めていくには、どうしても語り手が必要である。今回はその語り手と描写の方法についてみていくことにする。
    主人公の人称にかかわらず、全編を通して視点人物が一人で、カメラがその一人に固定されている状態で物語がすすむものを一元描写といい、視点人物が複数で場面ごとにカメラを据える人物が変わり、それにつれて語り手の視点が変わる場合を多元描写という。次に、具体的に照らし合わせながら述べてみる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近代文学における「語り」と「描写」の関係
                    
     「語り」と「描写」の関係性についてとあるが、このことについて述べるにあたって最も重要になってくるのが作品の語り手、すなわち叙述者の存在である。物語を進めていくには、どうしても語り手が必要である。今回はその語り手と描写の方法についてみていくことにする。
    主人公の人称にかかわらず、全編を通して視点人物が一人で、カメラがその一人に固定されている状態で物語がすすむものを一元描写といい、視点人物が複数で場面ごとにカメラを据える人物が変わり、それにつれて語り手の視点が変わる場合を多元描写という。次に、具体的に照らし合わせながら述..

    コメント1件

    aa031102 購入
    参考になった
    2006/08/03 17:15 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。