クリントン大統領就任スピーチレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数905
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     Monica Lewinskyなどとのスキャンダルで世間をにぎわしながらも、2期にわたって大統領を務めたBill Clinton。彼の1回目の就任演説と2回目の就任演説とではどのような変化があるのだろうか。今回は、主にスピーチの内容に重点をおいて、それぞれの歴史的背景などにも注目しながら比較・検討したいと思う。
     まず、第一回目の就任演説を見てみることにする。ビル・クリントン元大統領が就任演説を行ったのは1993年1月21日のことである。少し前の1989年にはベルリンの壁が崩壊し、東西ドイツは統一。さらに1991年にはソ連が崩壊し、74年間にも及ぶ社会主義体制が幕を下ろした。これらの出来事は、自由主義陣営の中心的存在であったアメリカの勝利を意味するものとなる。このような社会背景があってビル・クリントン氏は大統領に就任したわけだが、就任演説からも分かるように大統領に求められたことはアメリカの再生であった。冷戦下における膨大なる軍事費用の捻出と、貿易赤字が重なりアメリカの経済の現状は惨憺たるものであった。ビル・クリントン元大統領は、第一期就任演説において、第一声にアメリカの再生(renewal)を謳った。その他にも、再創世(reinvent)などの語や変化(change)の語が多用されるのも、これまでの保守的な共和党政権とは変わって自分は経済を立て直すんだというクリントン氏の強い意志の表れであると考えられる。クリントン氏は経済を立て直すために、自由主義の推進とそのために国民が負わなければならない犠牲と責任について述べている。アメリカの経済を立て直すためには大きな改革が必要だった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語C-Ⅱ クリントン就任スピーチレポート 3
     Monica Lewinskyなどとのスキャンダルで世間をにぎわしながらも、2期にわたって大統領を務めたBill Clinton。彼の1回目の就任演説と2回目の就任演説とではどのような変化があるのだろうか。今回は、主にスピーチの内容に重点をおいて、それぞれの歴史的背景などにも注目しながら比較・検討したいと思う。
     まず、第一回目の就任演説を見てみることにする。ビル・クリントン元大統領が就任演説を行ったのは1993年1月21日のことである。少し前の1989年にはベルリンの壁が崩壊し、東西ドイツは統一。さらに1991年にはソ連が崩壊し、74年間にも及ぶ社会主義体制が幕を下ろした。これらの出来事は、自由主義陣営の中心的存在であったアメリカの勝利を意味するものとなる。このような社会背景があってビル・クリントン氏は大統領に就任したわけだが、就任演説からも分かるように大統領に求められたことはアメリカの再生であった。冷戦下における膨大なる軍事費用の捻出と、貿易赤字が重なりアメリカの経済の現状は惨憺たるものであった。ビル・クリントン元大統領は、第一期就..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。