文化大革命と文革期の出版物

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数455
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文化大革命と文革期の出版物
     今回のレポート課題が授業で扱ったテーマについて2000字程度でまとめよとのことだったので、私は文化大革命と毛沢東、文革期以後の図書出版状況について授業内容・参考文献などを参照しながらまとめることにする。
     まず、文化大革命とはそもそも何か。簡単に言ってしまうと、それは中国で1966年から約10年間続いた政治運動のことである。その当時中国で政治的権力を持っていた「実権派」の劉少奇・鄧小平らに対して、毛沢東が異議を唱えたことから始まり、国民全体を巻き込んだ大革命となった。毛沢東は、「実権派」を一部の特権階級(ブルジョワジー)による少数抑圧支配であるとし、マルクス主義を掲げて労働者階級の権力を主張し、共産主義政府を打ち立てようとした。このことにより、国内は資本主義を推し進めていた「実権派」と共産主義を主張する「文革派」に二分され、大きな内乱が勃発したとされている。結果的には文化大革命は失敗に終わり、「文革派」は勢力を失うことになった。中国社会を歴史的な混乱に巻き込んだ動乱、権力闘争、大衆運動。これが文革である。このせいで党政府の幹部から知識人、一般庶民まで多大な..

    コメント1件

    skyupup 購入
    good
    2007/01/16 19:03 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。