二日目午前Ⅱ 薬物動態学 製剤学

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数80
閲覧数1,945
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    タグ

    薬学製剤学薬物動態学薬剤師

    代表キーワード

    製剤学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生物薬剤
    薬物動態学
    生体膜透過
    単純拡散
    単純拡散による膜透過は,拡散に関するFickの法則に従い,透過速度は濃度勾配に比例する。 ○ 87-152、81-155
    単純拡散による膜透過は、Fickの法則に従い、透過速度は濃度勾配に比例する。 ○ 92-151
    単純拡散により生体膜を透過する酸性薬物の非イオン形分子の脂溶性が同じ程度であれば、PKaが小さいほど小腸から吸収されやすい。 × 92-151
    二次性能動輸送は、ATPの加水分解エネルギーを直接の駆動力とする。 × 90-151 間接的 イオン勾配 Na+ H+
    濃度勾配に従って透過するので、その透過はミカエリスーメンテン(Michaelis-Menten)の式により表すことができる。 × 89-149 濃度勾配に従う=拡散 単純拡散=Fickの法則
    濃度勾配に従って透過するので、その透過はミハエリス-メンテンの式により表すことができる。 × 84-153 単純拡散なのでFickの法則に従う
    血液脳関門は脂質膜としての挙動を示すため、血液中で非イオン形で、しかも脂溶性が高い薬物ほど脳へ移行しやすい。 ○ 84..

    コメント1件

    horohare 販売
    薬剤師国家試験 薬物動態学 製剤学 編

    94回薬剤師国家試験受験の時に、それまでに解いた問題を集めてみました。
    国家試験の出題範囲は大変広く、その全範囲を勉強するのは大変です。
    私の場合、このような資料を作ることで、各分野において、
    要点を分類し、どこがポイントになるか、どこが複数回問われているかを調べ、
    Excelのファイルにすることで把握・検索しやすくして対応しました。
    この方法は予想以上に大変でしたが、おかげで国家試験を乗り切ることができました。

    これから受験する方々やこれから6年制の薬学部に対応する上でデータが必要な方には役に立つ資料だと思います。

    2009/03/20 14:15 (7年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。