二日目午後Ⅰ 薬物治療学

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数132
閲覧数1,083
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    タグ

    薬物治療学薬学薬剤師

    代表キーワード

    薬物治療学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    薬物治療学
    項目 問題文 正誤 国試回 - 問題番号
    検査・診断
    尿検査値の変動
    腎疾患の診断目的で尿検査をする場合には、尿道口付近をできるだけ清浄にした後、出始めの尿を捨て、中間尿を採取する。 ○ 90-181
    尿中β2-ミクログロブリン量の上昇は尿細管障害の指標となる。 ○ 90-181
    腎糸球体の基底膜に障害が生じると、尿中のアルブミン量が増加する。 ○ 90-181
    尿道炎、膀胱炎、腎孟腎炎がある場合、尿中に出現する白血球の大部分はリンパ球である。 × 90-181 大部分は好中球
    試験紙法で尿潜血反応が陽性になるのは、尿沈渣に赤血球が認められるときのみである。 × 90-181 赤血球だけではなく、ヘモグロビン、ミオグロビンとも反応する
    尿中の微量アルブミン測定は、糖尿病性腎症の早期診断に役立つ。 ○ 88-183
    血液検査値の変動
    @ 平均赤血球容積(MCV)、平均赤血球血色素量(MCH)、平均赤血球血色素濃度(MCHC)は、貧血の鑑別診断に有用である。 ○ 87-189
    白血球数2500/μLは、白血球減少症である。 ○ 85-183 4000~9..

    コメント1件

    horohare 販売
    薬剤師国家試験 薬物治療学 編

    94回薬剤師国家試験受験の時に、それまでに解いた問題を集めてみました。
    国家試験の出題範囲は大変広く、その全範囲を勉強するのは大変です。
    私の場合、このような資料を作ることで、各分野において、
    要点を分類し、どこがポイントになるか、どこが複数回問われているかを調べ、
    Excelのファイルにすることで把握・検索しやすくして対応しました。
    この方法は予想以上に大変でしたが、おかげで国家試験を乗り切ることができました。

    これから受験する方々やこれから6年制の薬学部に対応する上でデータが必要な方には役に立つ資料だと思います。
    2009/03/20 14:39 (7年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。