一日目午前Ⅱ 生物系基礎

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数76
閲覧数1,542
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生物基礎系
    正誤 国試回 - 問題番号
    生薬学
    生薬の科による分類
    カッコンとカンゾウの基原植物はマメ科(Leguminosae)に属する。 ○ 85-33
    オウゴンとカンゾウはマメ科 (Leguminosae) に属する。 × 86-37
    トウキとサイコは、セリ科(Umbelliferae)植物を基原とする。 ○ 87-36
    オウゴンは基原植物がマメ科に属する。 × 87-37
    ハンゲ、マオウ、ケイヒ、ゴミシ、シャクヤク、サイシン、カンキョウ、カンゾウは、すべて基原植物の属する科が異なっている。 ○ 88-36
    薬用部位での分類
    ケイヒの薬用部位は樹皮である。 × 85-33
    サイコ、シャクヤク、オウゴン、ニンジンの薬用部位は、根である。 ○ 86-37
    オウバクの薬用部位は樹皮であり,サンシシの薬用部位は果実である。 ○ 87-37
    ケイヒの薬用部位は樹皮であり、ゴミシの薬用部位は果実である。 ○ 88-36
    インチンコウ、コウカ、ソウジュツは、基源植物がキク科に属する。 ○ 93-37
    キキョウ、セネガ、モクツウは、サポニンが構成成分である ○ 93..

    コメント1件

    horohare 販売
    薬剤師国家試験 生物系基礎 編

    94回薬剤師国家試験受験の時に、それまでに解いた問題を集めてみました。
    国家試験の出題範囲は大変広く、その全範囲を勉強するのは大変です。
    私の場合、このような資料を作ることで、各分野において、
    要点を分類し、どこがポイントになるか、どこが複数回問われているかを調べ、
    Excelのファイルにすることで把握・検索しやすくして対応しました。
    この方法は予想以上に大変でしたが、おかげで国家試験を乗り切ることができました。

    これから受験する方々やこれから6年制の薬学部に対応する上でデータが必要な方には役に立つ資料だと思います。
    2009/03/20 14:43 (7年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。