認知症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,218
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    認知症
    1.上の疾患の定義、病態、症状、予後について簡潔に記せ。
    定義
    後天的な脳の器質的変化により、ひとたび獲得した知的機能が慢性的・進行的かつ非可逆的に低下する症候群である。アルツハイマー型認知症は俗に痴呆症とも呼ばれる。
    病態
    認知症の病態は主に2種類に大別される。
    アルツハイマー型認知症:βアミロイドの蓄積による脳の融解。このため老人斑が見られる。脳腫瘍、正常圧水頭、頭部外傷、内分泌異常によるものがあり、神経細胞が減少する。
    脳血管性認知症:脳血管障害による脳の壊死。脳梗塞によるものが多く、脳の血管が障害されることにより記憶を司る回路が遮断される。また脳の両側前頭葉代謝の低下がみられる..

    コメント1件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2007/06/13 12:00 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。