骨粗鬆症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数790
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    骨粗鬆症
    1.上の疾患の定義、病態、症状、予後について簡潔に記せ。
    定義
    骨が萎縮し、脆く折れやすくなる病態。老人や閉経後の女性がなる場合を原発性骨粗鬆症(退行性骨粗鬆症)といい、ステロイドの過剰投与や長期の安静・固定後などに起こる場合を続発性骨粗鬆症と呼び区別される。
    病態
    主に患者は破骨細胞による骨吸収の亢進と骨芽細胞による骨形成が抑制されるために起こる。これらは加齢やエストロゲンの分泌不足などの本態的な要因によるものと、胃切除、慢性関節リウマチなどの原因疾患やステロイド剤などの薬物によるものがある。
    症状
    一般に骨折による疼痛で自覚症状を得る。骨折部位の疼痛があるが放散により腹部などに痛..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。