高血圧症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数570
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高血圧症
    1.上の疾患の定義、病態、症状、予後について簡潔に記せ。
    定義
    成人において、収縮期血圧が常に140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上となる高血圧を特徴とする。病的に高い血圧の維持により心血管系に合併症を引き起こす疾患である。
    病態
    血圧=抹消血管抵抗×心機能
    本態性高血圧症:原因は不明。全高血圧症の95%を占める。
    二次性高血圧症:腎実質性高血圧、内分泌性高血圧などの特定の原因によるもの。
    症状
    無症状のこともある。頭痛、疲労、錯乱、視覚の変化・悪化・嘔吐・不安・過度の発汗。
    主に、本態性高血圧では無症状で進行する。二次性高血圧は原因となる疾患の症状が現れている。
    予..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。