うつ病

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,089
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    うつ病
    1.上の疾患の定義、病態、症状、予後について簡潔に記せ。
    定義
    うつ病とは感情障害の一つで、悲観的思考や集中力散漫などといった思考抑制、意欲・活動低下といった精神活動の静止などを主徴とする精神疾患。加えて睡眠障害や食欲不振のような身体症状もある。軽度のうつの場合は身体症状を主に訴えることが多い。
    病態
    感情または気分の抑うつの変動が基本的な障害であり、精神活動の低下を伴う。これは脳内神経伝達物質の分泌異常が背景にあると考えられている。
    ・アミン仮説
    うつ状態は脳内ノルエピネフリンやセロトニンの減少によるものであるとする説。
    しかし、アミン仮説だけでは説明できない症状や薬の薬効が報告されている。
    =正常な化学伝達物質の量でも、記憶や経験などの個人的要因によりうつ状態になる。
    単に化学伝達物質の調節制御が上手くいかないだけ、とも推測される。
    症状
    悲哀間、悲観的思考、自殺願望、運動静止、うつ気分の日内変動、早期覚醒、食欲の減退、口渇、便秘などがある。後ろの4つの症状から交感神経優位の症状ではないかと推察される。
    予後
    一般的に回復は良好であるが、再発防止の方法などは確立されていない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。