院内製剤  坐剤と点眼剤の調製

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,568
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    院内製剤(座剤、点眼剤)
    【座剤】
    [処方1]         [処方2]       [処方3]
    ロートエキス   0.4g   アスピリン    10g    アスピリン   10g
    タンニン酸    0.6g ウイテプゾール  10g    マクロゴール  15g 
     ウイテプゾール  10g   ウイテプゾール  10g    マクロゴール  13g
     ウイテプゾール 10g
    <手順>
    処方1:
    量ってきた基材(ウイテプゾール)をビーカーに入れ、温浴上で溶かす。(60℃>)
    溶けたらロートエキス、タンニン酸を加え、ガラス棒でよくかき混ぜる。基材が固まる前にかき混ぜながら座剤のコンテナに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。