0.05mol/L 臭素液の調製と標定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数7,069
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    実験7: 0.05mol/L 臭素液の調製と標定
    【実験の目的】
     次回の実験で使用する0.05mol/L 臭素液を調製、標定し、ファクターを決定する。ファクターの決定には、前回の実験で作成した0.1mol/L(f=1.015)Na2S2O3 を使用した間接法で行う。
    【使用実験器具】
       褐色試薬瓶、試薬瓶、ヨウ素瓶、メスシリンダ、ロート、安全ピペッタ、
       メスピペット、駒込ピペット、メートルグラス、ビュレット、ビーカ、
       薬包紙、スパーテル
       
    【使用薬品】
     Ⅰ) 調製
        KBrO3、KBr
     Ⅱ) 標定
        HCl、KI、Na2S2O3溶液(実験11で作成したもの、ファクタfNa2S2O3=1.015)、
        デンプン試液
    【実験方法】
    Ⅰ) 調製
     褐色瓶にて、KBrO3 0.7g、およびKBr 3.75gに蒸留水を加えて溶かし250mLとした。
    Ⅱ) 標定
    1,  調製した臭素液25mLをヨウ素瓶中に正確に量った。
     2,  これに水120mL、および濃塩酸5mLを速やかに加え、直ちに密栓して穏やかに振   り混ぜた。
     3, 上記試料にKI溶液..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。