カルボニル化合物の定性反応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,154
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Exp.1  Ketoprophene 0.01g をmethanol 1ml に溶かし、2,4-dinitrophenylhydrazine 試液2ml を加えて30分放置するとき、だいだい黄色の沈殿を生じた。
    Exp.3  ブドウ糖の水溶液(1→20)2〜3滴を塩基性条件下で沸騰 Fehling 試液5ml に加えるとき、赤色の沈殿を生じる。(フェーリング反応)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カルボニル化合物の定性反応
    カルボニル基の確認試験
    Exp.1  Ketoprophene 0.01g をmethanol 1ml に溶かし、2,4-dinitrophenylhydrazine 試液2ml を加えて30分放置するとき、だいだい黄色の沈殿を生じた。
    結果
    本試験では濃い橙色を呈し、試験管の底に橙色の沈殿物が生成した。
    空試験では、透明の黄色を呈した。これは2,4-dinitrohydrazineの色である。
    Exp.2 Isoniazid 0.1g を水4mlに溶かし、Vanillin 0.1g 及びEtOH 4mlを加えて加温して溶かし、3時間放置する。生じた黄色の結晶をろ取..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。