ネコにまつわる迷信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,640
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私たちのまわりにはネコにまつわる迷信がたくさんある。どんな迷信があり、それがどんなところから出てきたのかを見ていく。

     ネコは古代エジプトでは忠誠心の証として大切にされた。エジプトには非常に夥しい数のネコの絵画があり、数千体の猫のミイラが発見されている。しかし一方、キリスト教の一派であるピューリタンは魔女狩りにともない、魔女とされた飼い主ともに悪魔の象徴とされた猫を火あぶりにした。このような歴史を背景に、猫に関するさまざまな迷信がうまれた。
     また日本では、福を招くものとして招き猫が大変有名である。その招き猫を詳しく見ていく。
     
    黒猫
    黒猫にまつわる迷信はとても多い。
    黒猫が目の前を横切った場合は運が悪いことの現われである。ただし、イギリスでは悪運が過ぎ去ったということで運が良いことの現われとされている。
    見慣れない黒猫が庭先にいる場合は、13日の金曜日を除いて、繁栄がもたらされるとされている。
    黒猫が病人のベッドで寝ている場合は、その病人の死が近いとされる。ただし、病人が目にものもらいができているだけなら、まぶたの上で黒猫のしっぽを触ればものもらいが治るといわれている。
    黒猫の毛の中に白い毛を見つけた場合、それは神様が触れた跡であり確かな幸運のサインである。
    ハロウィンの日、黒猫が人の横にそっと座れば、近い将来その人に、平和と繁栄が訪れると信じられている。
    黒猫が体をすり付けたり、ひざを飛び越えたりすると、何かよいことが起こるといわれ、この日黒猫のあくびを見た人は、長い間待ちに待っていた願い事がかなえられるといわれている。
    黒猫が急に人から走り去ると、その人は自分の持っている秘密を1週間の間、誰にも話してはならない。
    次に世界の様々な国における黒猫の話を取り上げる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ネコにまつわる迷信
     私たちのまわりにはネコにまつわる迷信がたくさんある。どんな迷信があり、それがどんなところから出てきたのかを見ていく。
     ネコは古代エジプトでは忠誠心の証として大切にされた。エジプトには非常に夥しい数のネコの絵画があり、数千体の猫のミイラが発見されている。しかし一方、キリスト教の一派であるピューリタンは魔女狩りにともない、魔女とされた飼い主ともに悪魔の象徴とされた猫を火あぶりにした。このような歴史を背景に、猫に関するさまざまな迷信がうまれた。
     また日本では、福を招くものとして招き猫が大変有名である。その招き猫を詳しく見ていく。
     
    黒猫
    黒猫にまつわる迷信はとても多い。
    黒猫が目の前を横切った場合は運が悪いことの現われである。ただし、イギリスでは悪運が過ぎ去ったということで運が良いことの現われとされている。
    見慣れない黒猫が庭先にいる場合は、13日の金曜日を除いて、繁栄がもたらされるとされている。
    黒猫が病人のベッドで寝ている場合は、その病人の死が近いとされる。ただし、病人が目にものもらいができているだけなら、まぶたの上で黒猫のしっぽを触ればものもらいが治るといわ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。