イスラーム社会の女性とヴェール

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,498
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ヴェール着用の意義
    まず、ヴェールを着用するのが義務かどうか、という議論がある。
    それはコーランにこうあるからだ。
    「わが身の飾りとなるところをあらわしては鳴らない」 (24章31節)
    ここからはどこからどこまでを隠すのか、またヴェールの着用が義務なのかは明確にできない。
    しかし、ムハンマドの妻たちがしていたことからヒジャーブの着用は高貴さ、美しさをあらわし、都市部で一般化した。
    また、ヒジャーブを着用することにより、男性を誘惑していないということを社会的に示す役割もあった。
    ヒジャーブの下に着る服は何でもよかったので、貧富の差は隠され、貧困層の女性にはなくてはならないものであった。
    ヴェールの種類
    チャードル…全身をすっぽり覆う。この下には何を着てもいい。
    マグナエ…顎下まで一体化したもの。小・中学校の制服になっていることが多い。ルーサリーのようにずれないが、耳がふさがるため聞こえが悪いのが難。
    ルーサリー…頭髪だけをおおうスカーフ。華やかな柄が多く、顎の下で結ぶ。イランでは若い女性や大都市の中流以上がかぶることがおおい。
    ブルカ…全身を覆う。アフガニスタンやパキスタンでよく見られる。
    ネガーブ…目の周りと鼻を覆う。ペルシア湾岸地方でよく見られる。スパンコールが付くなど派手なものが多い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イスラーム社会の女性とヴェール
    ヴェール着用の意義
     まず、ヴェールを着用するのが義務かどうか、という議論がある。
     それはコーランにこうあるからだ。
    「わが身の飾りとなるところをあらわしては鳴らない」 (24章31節)
    ここからはどこからどこまでを隠すのか、またヴェールの着用が義務なのかは明確にできない。
    しかし、ムハンマドの妻たちがしていたことからヒジャーブの着用は高貴さ、美しさをあらわし、都市部で一般化した。
    また、ヒジャーブを着用することにより、男性を誘惑していないということを社会的に示す役割もあった。
      ヒジャーブの下に着る服は何でもよかったので、貧富の差は隠され、貧困層の女性にはなくてはならないものであった。
    ヴェールの種類
     チャードル…全身をすっぽり覆う。この下には何を着てもいい。
     マグナエ…顎下まで一体化したもの。小・中学校の制服になっていることが多い。ルーサリーのようにずれないが、耳がふさがるため聞こえが悪いのが難。
    ルーサリー…頭髪だけをおおうスカーフ。華やかな柄が多く、顎の下で結ぶ。イランでは若い女性や大都市の中流以上がかぶることがおおい。
    ブルカ…全身を覆..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。