わたしの街の産業遺産

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数258
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    江戸東京たてもの園
    1993(平成5)年3月28日に開園した野外博物館。小金井公園(小金井市桜町3−7−1)内にあり、約7ヘクタールの敷地に27棟の復元建造物が建てられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    わたしの街の産業遺産                   
    江戸東京たてもの園
     
    1993(平成5)年3月28日に開園した野外博物館。小金井公園(小金井市桜町3-7-1)内にあり、約7ヘクタールの敷地に27棟の復元建造物が建てられている。
    常盤台写真場
    建築年:1937(昭和12)年
    復元年:1997(平成9)年
    旧所在地:板橋区常盤台一丁目
    構造:木造モルタル2階建
    建築面積:111.65㎡
    延べ面積:167.25㎡
    寄贈者:田中藤二郎氏
    常盤台写真場はスラントといわれる自然採光のしくみをもっていて、照明設備の発達していない時期の特徴をよく表している。
    常盤台は、東武鉄道初の宅地開発により分譲された住宅地で、内務省都市計画課のプランに従った道路網や駅前広場、公園などを今でも随所に見ることができ、独特な雰囲気の街であり、田園調布と並ぶ郊外住宅地である。常盤台写真場は、文化住宅が建ち並ぶ常盤台にあってもひときわモダンな存在だった。
    写場(安定した照度を得るため北側に大きなガラス窓)
    田園調布の家(大川邸)
    建築年:1925(大正4)年
    復元年:1995(平成7)年
    旧所在地:大田区田園..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。