医療ミス〜日本とアメリカ〜

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数4,396
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、 はじめに…
     前回ぼくは日本の医療のどういうところがいけないのかということを述べた。次に必要なのは具体的にわかりやすい例をあげて両国の医療の違いを述べることだ。そこで今回は両国でどのような問題が起き、どのような対処をしたのかをしらべた。
     今、あるテレビ局が「白い巨塔」をドラマ化していることも重なり今まで以上にこのテーマに興味をそそがれた。
    2、 現在の日本医療の世界評価
     2000年にWHO(世界保健機構)は「World Health Report2000」の中で加盟国の医療制度を評価し白書を発表した。その白書によると、WHO加盟191カ国中、日本の医療水準は、世界一であった。はたして日本の医療制度が世界一であることを確信してよいのであろうか。今回はアメリカの医療制度と比較し日本の医療制度の弱みを探ってみたい。
    3、1つの事例から
     〜日本の例?
     ここからは日本の医療ミスの事例3つを挙げていこうと思う。まず日本の医療事故は都立広尾病院の事故、北海道小樽市の市立小樽病院の事故と横浜市立病院で起こった事故の3つを述べ、そしてアメリカはマーティン・メモリアル医療センターで起きた事故について触れていこうと思う。
     まず都立広尾病院で起きた事故から紹介していく、この事故は同病院で左手中指の関節リウマチの手術を受けた女性に起こった事故である、この女性の手術は成功したのだがその後の処置に問題があった。『まず手術後に点滴で抗生物質を投与し、本来ならその後血液凝固防止剤ヘパリン生食を注射すべきところなのだが看護婦が誤ってヒビテングルコネートという消毒剤を注射してしまった、その後この患者は「胸が熱い、苦しい」と言ったのち急死してしまった。
     その後の調べでこの医療事故が起こった日は祝日で日勤の看護婦の人数は平日よりも三人前後少なく事故に関与した看護婦はいずれも二十代だったことがわかった。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療ミス~日本とアメリカ~
    はじめに…
     前回ぼくは日本の医療のどういうところがいけないのかということを述べた。次に必要なのは具体的にわかりやすい例をあげて両国の医療の違いを述べることだ。そこで今回は両国でどのような問題が起き、どのような対処をしたのかをしらべた。
     今、あるテレビ局が「白い巨塔」をドラマ化していることも重なり今まで以上にこのテーマに興味をそそがれた。
    現在の日本医療の世界評価
     2000年にWHO(世界保健機構)は「World Health Report2000」の中で加盟国の医療制度を評価し白書を発表した。その白書によると、WHO加盟191カ国中、日本の医療水準は、世界一であった。はたして日本の医療制度が世界一であることを確信してよいのであろうか。今回はアメリカの医療制度と比較し日本の医療制度の弱みを探ってみたい。
          3、1つの事例から
             ~日本の例Ⅰ
     ここからは日本の医療ミスの事例3つを挙げていこうと思う。まず日本の医療事故は都立広尾病院の事故、北海道小樽市の市立小樽病院の事故と横浜市立病院で起こった事故の3つを述べ、そしてアメリカはマ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。