アイザック・アシモフの詳細について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数275
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     アイザック・アシモフの名が世に知れ渡ることになったのは、19歳の時にアメージング・ストーリーズ誌にてSF作品が採用され以後、SF作家として名前を起こすことになりました。また彼は、SF作品だけにとどまらず、その著作はミステリや科学のエッセイ、科学に関する解説書、そして、ユーモア小説からシェイクスピアの研究について、といった多岐にわたる分野にまでその才能を及ぼし、総著作数は500冊近く存在しています。アシモフは、SFの黄金時代の三大巨匠の一人として称されているのも有名です。彼自身の有名な話は、とにかく自作に対する話が長い事で知られています。また、名前に関してですが、アシモフ、と称されるより、アジモフと濁って呼ばれることを好んでいたようです。
     アシモフは、ロシアのペトロビッチにおいてユダヤ系ロシア人として生まれました。彼が3歳の時に家族とともにアメリカに移住し、ニューヨークのブルックリンで育ちました。 そして、1939年コロンビア大学を卒業し、戦後、再び大学に戻り、1948年には生物学で博士号を取得。やがてボストン医科大学の微生物学教授となり、ガンの研究に携わりました。 このように大学の研究者としての活躍も目覚ましく、科学の分野における評論や論文も多数発表していて、これらは日本においても多数にわたり、翻訳がなされています。また、神話についての研究や地理についての研究、言語においての研究などにも興味を示し、これらの分野でも数多くの著作を残しています。彼は自伝の中で、自分の母語はイディッシュ語だと述べています。しかしながら、イディッシュ語による作品を彼が残していないことから、観念上の母語に過ぎないと考えられています。彼の第一言語、という意味での母語は英語であると考えられています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アイザック・アシモフの詳細について 
    アイザック・アシモフの名が世に知れ渡ることになったのは、19歳の時にアメージング・ストーリーズ誌にてSF作品が採用され以後、SF作家として名前を起こすことになりました。また彼は、SF作品だけにとどまらず、その著作はミステリや科学のエッセイ、科学に関する解説書、そして、ユーモア小説からシェイクスピアの研究について、といった多岐にわたる分野にまでその才能を及ぼし、総著作数は500冊近く存在しています。アシモフは、SFの黄金時代の三大巨匠の一人として称されているのも有名です。彼自身の有名な話は、とにかく自作に対する話が長い事で知られています。また、名前に関してで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。