現代中国女性文学「上海ベイビー」にみる「女らしさ」のゆるぎ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数463
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代中国女性文学「上海ベイビー」にみる「女らしさ」のゆるぎ
    ~日本の女性文学「蛇にピアス」と比較しながら~
    「女らしさ」とは何か、と考えてそれを定義するのは簡単なことではないが、一般に女らしいイメージであるとされるのは、「やさしい」「おとなしい」「奥ゆかしい」などの、弱く、守られるべきものとしての存在なのではないかと私は思う。しかし、衛慧による「上海ベイビー」にでてくるココにはそれらの要素はない。美人で名門大学出身のココは、「ひねくれていて、恐ろしく分裂していて、さらにいまいましいことには、ひっきりなしにあれこれ考えたり、物を書いたり」、「自分のことが死にたくなるほど醜く思えた」りすることのある、いつも何か満たされないようなモヤモヤとした気持ちを抱いている女性であり、そして「まるでイスラム後宮の寵妃のように、蛇の頭髪を持つ魔女メドゥーサのように」男を誘惑することもあるような女として描かれている。天天という恋人がいるのにマークと浮気してセックスを繰り返す。そして天天はヘロイン中毒になってしまう。ココは天天のことを本当に好きだったのに正常なセックスができなかったからマークと浮気し、たくさん..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。