炭作り活動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数444
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    準備物
    ・オイル缶・煙突用のスチール缶・缶きり・薪・金槌・スコップ・金バサミ・軍手・小枝・新聞紙
    ・固形燃料
    ※1 オイル缶はガソリンスタンドに頼めば、もらえることが多い。その際、内部にオイルが付着している可能性があるため、新聞紙等でよくふき取る必要がある。
    ※2 煙突は今回、スチール缶で作ったが、廃材工場などでもらえる。
    注意事項
    ・木材などは今回近くのホームセンターで購入したが、冬場より夏場においてあることが多いそうだ。
    ・非常に高温になるため、燃えやすい繊維で出来た服は避けた方がよい。
    ・火力をあげるためには固形燃料を利用すると便利である。
    ・穴をあけるなどの作業は十分気をつけること。
    炭作り
    時間 様子 内容
    13:00オイル缶の側面に煙突の穴をあける。今回は缶きりやペンチを利用したが、金のこぎりを使用すれば、正確にはやくできる。
    14:00煙突をつける。オイル缶よりも長い煙突のほうがよい。
    14:15オイル缶に薪を敷き詰め、間や上に新聞紙や小枝をつめて燃えやすくする。このとき固形燃料を細かく砕き同様につめておく。
    15:0050cmほどの深さまで掘った穴の中にオイル缶を入れる。煙突をしっかり出しておく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    炭作り活動
    活動日2006年1月7日~8日
    準備物
    ・オイル缶
    ・煙突用のスチール缶
    ・缶きり
    ・薪
    ・金槌
    ・スコップ
    ・金バサミ
    ・軍手
    ・小枝
    ・新聞紙 ・固形燃料 ※1 オイル缶はガソリンスタンドに頼めば、もらえることが多い。その際、内部にオイルが付着している可能性があるため、新聞紙等でよくふき取る必要がある。
    ※2 煙突は今回、スチール缶で作ったが、廃材工場などでもらえる。
    注意事項
    ・木材などは今回近くのホームセンターで購入したが、冬場より夏場においてあることが多いそうだ。
    ・非常に高温になるため、燃えやすい繊維で出来た服は避けた方がよい。
    ・火力をあげるためには固形燃料を利用する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。