炭の浄化作用実験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,777
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    準備物
     溶液(コーラ・グレープジュース・ラーメンスープ・米のとぎ汁)・ビーカー・脱脂綿・炭・金槌・軍手・ペットボトル・金ザル・すり鉢
    実験の目的
     炭の浄化作用を身近な溶液を利用して観察する。また溶液によって炭の浄化具合の違いを観察し、学習する。その際、ろ紙による浄化作用と区別できるよう、ろ紙のみを利用した実験も行い、比較検討し考えを深めることができる。
    様子 手順 注意点
    炭を細かく(1?角)砕く。 炭は大きすぎても小さすぎてもいけない。金ザルでこした程度の大きさが丁度よい。金槌で怪我をしないよう気をつける。
    ペットボトルを半分に切り、脱脂綿を敷き詰める。(細かい炭のかけらが混入するのを防ぐため) 脱脂綿はしっかり敷き詰めること。
    脱脂綿の上に細かく砕いた炭を2〜3センチの高さまで入れる。 こぼれ落ちないように注意すること。
    炭の上に再度脱脂綿を敷き詰める。
    2つのビーカーに溶液を入れる。片方の溶液をペットボトルにゆっくり回すように流す。 1回では分かりづらい場合がある。
    2回ほど繰り返してその色合いを調べる。 溶液は飲んだりしてはいけない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    炭の浄化作用実験
    準備物
    溶液(コーラ・グレープジュース・ラーメンスープ・米のとぎ汁)・ビーカー・脱脂綿・炭・金槌・軍手・ペットボトル・金ザル・すり鉢
    実験の目的
    炭の浄化作用を身近な溶液を利用して観察する。また溶液によって炭の浄化具合の違いを観察し、学習する。その際、ろ紙による浄化作用と区別できるよう、ろ紙のみを利用した実験も行い、比較検討し考えを深めることができる。
    様子 手順 注意点 炭を細かく(1㎜角)砕く。
    炭は大きすぎても小さすぎてもいけない。金ザルでこした程度の大きさが丁度よい。
    金槌で怪我をしないよう気をつける。
    ペットボトルを半分に切り、脱脂綿を敷き詰める。
    (細かい炭のかけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。