「一つの花」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,929
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    題材設定の理由:この一つの花は主人公のユミ子が未だ幼い時の話で、「一つだけちょうだい」といつもせがむユミ子に両親が心を痛ませる。戦地に赴くプラットホームで父親は「一つだけの花」と言い残し、ユミ子にコスモスを与えるというお話。「ひとつだけ」という言葉は「沢山あるうちのひとつ」という意味以外に「たった一つの」という意味にもなる。この大きな違いを文章の中から感じ取り、たった一つの宝物を子供たちの中に息づかせていきたい。
    本時の位置:本単元は(6時間)を予定しており、本時は4時間目にあたる。1時間目に通読を行い、分からない言葉、新出漢字、段落わけ、初読感想を書いてもらった。教師はその感想を場面別・着目別などに分けておく。2時間目に第一場面部分をやり、その際感想文を添えて注目する。(3時間目には第二場面の疑問・質問をみんなで考える)本時はその続きから、お父さんの「一つだけのお花」という言葉に注目して(感想文を含め)意見を言ってもらう。5時間目は第三場面に関して、大きくなったユミ子はどう変わったのかなどを話し合う。6時間目に大きくなったユミ子に手紙を渡すと

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「小学校教育の内容の研究」
    単元名:「一つの花」
    題材設定の理由:この一つの花は主人公のユミ子が未だ幼い時の話で、「一つだけちょうだい」といつもせがむユミ子に両親が心を痛ませる。戦地に赴くプラットホームで父親は「一つだけの花」と言い残し、ユミ子にコスモスを与えるというお話。「ひとつだけ」という言葉は「沢山あるうちのひとつ」という意味以外に「たった一つの」という意味にもなる。この大きな違いを文章の中から感じ取り、たった一つの宝物を子供たちの中に息づかせていきたい。
    本時の位置:本単元は(6時間)を予定しており、本時は4時間目にあたる。1時間目に通読を行い、分からない言葉、新出漢字、段落わけ、初読..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。