子どもたちが自ら創る多面的な授業

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数316
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ★設定理由
     教育実習を通し、授業実践において重要視すべき点がいくつかあげられた。その一つに、「子どもたちが自ら作り上げる授業」「問題に対して(子どもたちが)多面的な視点を持つ」ということがある。自分自身それについて悩み、考え、授業を行ってきたが、今回改めてその重要性・実践の改良を検討してみたく、取り上げた。
    ★子どもたちが自らで作る授業とは?
    重要性:なにより、子どもたちの授業に対する意識の問題に関わる。各教科において自らが感じた疑問や興味をクラス内で交流し深めていくことで、受身ではなく進んで授業に取り組むことにつながる。それによって得られた知識は教師主導型と比較にならないだろう。
    →意見の表現や、聞く態度
    ?交流の時間:授業内での子供同士の交流がその主たるものである。教師もしくは子どもたちから生まれた発問を全体が共有し、ある程度の時間で自分の意見を出し、「なぜ?」を深め、その真意や解決策を見出すのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「子どもたち自らで創る多面的な授業」
    ★設定理由
    教育実習を通し、授業実践において重要視すべき点がいくつかあげられた。その一つに、「子どもたちが自ら作り上げる授業」「問題に対して(子どもたちが)多面的な視点を持つ」ということがある。自分自身それについて悩み、考え、授業を行ってきたが、今回改めてその重要性・実践の改良を検討してみたく、取り上げた。
    ★子どもたちが自らで作る授業とは?
    重要性:なにより、子どもたちの授業に対する意識の問題に関わる。各教科において自らが感じた疑問や興味をクラス内で交流し深めていくことで、受身ではなく進んで授業に取り組むことにつながる。それによって得られた知識は教師主導..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。