中小規模小売業の新しい共同体について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数322
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     企業というものは、社会性をもっており、その社会に対する貢献度が高ければ高いほど、より大きな成長が望めると考えられています。この事により商業を行うものにとっては、地域社会に貢献することによって、消費者から支持を得る事が出来る事につながります。そのような過程を踏まえることが出来たとすれば、その会社や企業は存続する事が出来、また成長していくことになります。このような考えは、地域社会への貢献の度合いをさらに高め、より大きな成長を確保しようとする意欲的な商業者によって生み出されました。そして、結成されたのがボランタリー・チェーンと呼ばれているものです。
     このボランタリー・チェーンというものは、加盟している各店舗が経営の独立性を保ちながら、仕入れ、販売促進を行います。そして、事業活動の共同化を計りながら、本部機能の設置を行うことにより、規模による利益や作業の効率性を得ようとするチェーン組織の事を指しています。
     ボランタリー・チェーンは、大手の流通企業が運営するチェーンストアとは異なっています。独立している事業者が、互いに連携を組むことによって、共同購買などを行います。そうすることによって、大手企業が持つような購買力を発揮し、仕入れ単価の引き下げや業務の効率化を図る狙いが存在しています。このような傾向が見られるために、ボランタリー・チェーンは、自発的連鎖店などと名前を変えて呼ばれたりもします。また、資本関係にない複数の小売業の共同仕入れや共同配送を行なったりもします。ボランタリー・チェーンには小売業が共同で構築するタイプと、卸売業が主催するタイプが存在しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中小規模小売業の新しい共同体について
    企業というものは、社会性をもっており、その社会に対する貢献度が高ければ高いほど、より大きな成長が望めると考えられています。この事により商業を行うものにとっては、地域社会に貢献することによって、消費者から支持を得る事が出来る事につながります。そのような過程を踏まえることが出来たとすれば、その会社や企業は存続する事が出来、また成長していくことになります。このような考えは、地域社会への貢献の度合いをさらに高め、より大きな成長を確保しようとする意欲的な商業者によって生み出されました。そして、結成されたのがボランタリー・チェーンと呼ばれているものです。
    このボランタ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。