経営情報概論B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数301
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営情報概論B
                     
     初め私は、IBMのことは名前でしか知らず、パソコンやパソコン周辺機器でよく名前は目にしていたが、パソコン業界ではトップの企業だというだけで中身についてはまったくわからなかった。だが、実際新聞、書物などで調べてみると、実は九十年代前半に巨額の赤字を出し、企業としては危ない時期であることがわかった。
    その原因は、四つあると考えられる。
    最初に、二十二億六千ドルに及ぶ特別損失を出したことだ。これは、米財務会計基準審査会(FASB)が米企業の退職者向けの医療給付に関する新しい会計基準を九一年から適用したことにより起こった。
    二つ目に、昔パソコンは、マニアや学生だけに売れていると思っていたが、企業などの組織で使われるようになるとは思ってもみなかったようだ。
    この点を理解していなかったため市場規模を読み違え、パソコンをもっと優先的に売ろうとしなかった。そして、パソコンのうち付加価値が特に高い部分の支配権を手放してしまった。オペレーティングシステム(OS)はマイクロソフトに、マイクロプロセッサーはインテルに委ねてしまった。これを利用して、この二社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。