台湾少女漫画の発展

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数530
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    台湾少女漫画の発展
    1. 台湾少女漫画の源流
    少女漫画とは
    少女向けに描かれた漫画と考えられている。
    題材は自由自在。学園生活、英雄伝奇、空想科学、同性愛など何でも取材出来る。
    内容は少女の愛情、友情、親子の絆など、あらゆる感情を中心に物語を展開し、少女の心理を描くストーリーである。
    初期の少女漫画
    多くが少女たちの抱く夢、希望、不安、具体的には幸福な生活への憧れをテーマにしていたからである。それらの物語が、当時の少女たちの異性像、結婚像、そして家庭像についての考え方に与えた影響は計り知れない。
    少女が成長するにつれて変化する価値観と時代によって変化する少女の価値観を映し出す少女漫画に、少女は共感し、成長の糧を得てきた。一方、漫画の側も、少女に理解され、共感される価値観を求め、生み出そうとしてきた。時代時代で移ろい易く見え、その根底では不変の少女の価値観を、少女漫画は映してきたのである。その意味で、少女漫画は、少女から女性へと成長していく際の価値観を映し出す合わせ鏡であったのではないか。
    昭和40年代末、池田理代子の『ベルサイユのばら』の大ヒットで少女漫画の分野が大衆に注目されだし、昭和50年代には「少女コミック」という言葉さえ生まれてくる。
    日本における少女漫画の勃興期
    「眼に星が輝くかわいい女の子──1950から60年代にかけては恋に悩む、あるいは逆境で健気に生きる少女を描いた漫画主流だった。」
    日本における少女漫画の黄金(おうごん)時代
    「花の24年組」と呼ばれた作家たち(つまり昭和24年前後に生まれ、それまでの「女子供のための」という枠を超えた新しい少女漫画を開拓したと言われている漫画家たち)が発表する作品は、そして少女漫画家は持ち上げられた。(萩尾望都はぎお もと、木原敏江きはら としえ、山岸涼子やまぎし りょうこ、竹宮恵子、大島弓子。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    台湾少女漫画の発展
    台湾少女漫画の源流
    少女漫画とは
    少女向けに描かれた漫画と考えられている。
    題材は自由自在。学園生活、英雄伝奇、空想科学、同性愛など何でも取材出来る。
    内容は少女の愛情、友情、親子の絆など、あらゆる感情を中心に物語を展開し、少女の心理を描くストーリーである。
    初期の少女漫画
    多くが少女たちの抱く夢、希望、不安、具体的には幸福な生活への憧れをテーマにしていたからである。それらの物語が、当時の少女たちの異性像、結婚像、そして家庭像についての考え方に与えた影響は計り知れない。
    少女が成長するにつれて変化する価値観と時代によって変化する少女の価値観を映し出す少女漫画に、少女は共感し、成長の糧を得てきた。一方、漫画の側も、少女に理解され、共感される価値観を求め、生み出そうとしてきた。時代時代で移ろい易く見え、その根底では不変の少女の価値観を、少女漫画は映してきたのである。その意味で、少女漫画は、少女から女性へと成長していく際の価値観を映し出す合わせ鏡であったのではないか。
    昭和40年代末、池田理代子の『ベルサイユのばら』の大ヒットで少女漫画の分野が大衆に注目されだし、昭和50..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。