音楽と絵とリルケ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数452
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「音楽は立像がもたらす吐息か」という作品はリルケの1918年1月の作品である。リルケは非常におもしろい生涯を辿っている。
     リルケが生まれる前年、姉が生まれるも数ヶ月で死亡。そのこともあってか、生まれて7歳まで女の子として育てられる。授業中に配られた資料には5歳までとあったが、私が読んだ資料には7歳までと書いてありました。それが原因で、小学校でいじめられたりし、孤独で異常な少年期を過ごしたそうである。父親は母親以外の女性からも非常にモテる人であったため、母親は愛情不足だと感じており、それでリルケに当たったりしたこともあったという。リルケも母親とは仲が余りよくはなく、20歳を過ぎた頃から母親を避けるといった傾向が見られるようになった。こういった環境が、まったく芸術とは関係ない血縁の中からリルケという偉大な詩人を生み出したのである。詩人というものに付きまとう暗いイメージに合致するものと言っていいだろう。母親は良家の出ではあるが、そこまで裕福な暮らしは出来なかったようだ。安物のワインに高級ワインのラベルを貼ったり、部屋を広く見せるためにパーティの時にはベッドを部屋の隅に固めて置くといった見栄を張っていたという逸話が残されている。
     幼少時、寝るときには母親がシラーのバラード等を読んでくれており、ここから非常に大きな影響を受けたと思われる。また、詩人の大半は恋人から大きな影響を受けるのであるが、このリルケも例外ではない。最も大きな影響を与えた人は22歳の頃に出会ったルー・アンドレアス・サロメである。彼女はニーチェの元恋人であり、後にジークムント・フロイトの門弟になるという、とてつもない才女である。リルケはそういった年上の才女とよく恋に落ちた。ルーと恋に落ちた際にリルケが彼女に贈った詩で「私はひたすらあなたの心の中へ巡礼したいのです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「音楽は立像がもたらす吐息か」という作品はリルケの1918年1月の作品である。リルケは非常におもしろい生涯を辿っている。
    リルケが生まれる前年、姉が生まれるも数ヶ月で死亡。そのこともあってか、生まれて7歳まで女の子として育てられる。授業中に配られた資料には5歳までとあったが、私が読んだ資料には7歳までと書いてありました。それが原因で、小学校でいじめられたりし、孤独で異常な少年期を過ごしたそうである。父親は母親以外の女性からも非常にモテる人であったため、母親は愛情不足だと感じており、それでリルケに当たったりしたこともあったという。リルケも母親とは仲が余りよくはなく、20歳を過ぎた頃から母親を避けるといった傾向が見られるようになった。こういった環境が、まったく芸術とは関係ない血縁の中からリルケという偉大な詩人を生み出したのである。詩人というものに付きまとう暗いイメージに合致するものと言っていいだろう。母親は良家の出ではあるが、そこまで裕福な暮らしは出来なかったようだ。安物のワインに高級ワインのラベルを貼ったり、部屋を広く見せるためにパーティの時にはベッドを部屋の隅に固めて置くといった見栄を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。