W0782権利擁護と成年後見制度論

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数254
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    W0782権利擁護と成年後見制度論  2014年度 科目最終試験です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    63 ①日常生活自立支援事業の利用手続きを説明し、②利用(希望)者を援助する上での留意点について述べなさい。
    64 介護保険制度に基づいて介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)でサービスを受けている利用者が、施設内で介護事故が発生し負傷した場合、この利用者が法的救済を受けるための法的根拠について説明しなさい。
    65 成年後見制度利用支援事業の制度趣旨と対象者およびその内容について説明しなさい。
    66 ①任意後見制度の利用手続きを説明し、②法定後見制度との違いについて述べなさい。
    68 朝日訴訟と堀木訴訟について、それぞれの最高裁判所判決がどのように述べているかを説明し、論評しなさい。
    76 成年後見人の有する権限・義務について説明し、成年後見人の果たすべき役割について論じなさい(保佐・補助は論じる必要はない)。
    相続の原則(相続人 相続分等)を開設したうえで非嫡出子の相続について論じなさい。
    63 ①日常生活自立支援事業の利用手続きを説明し、②利用(希望)者を援助する上での留意点について述べなさい。
     日常生活自立支援事業は、利用者との契約により定期的な支援が始まる。具体的な支援の流れ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。