W0776 地域福祉論

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数237
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    W0776 地域福祉論  2014年度 科目最終試験です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    63 地域福祉を構成するものとは何か。基本的視点と具体的な構成要件について述べなさい。
    64 現代社会におけるコミュニティと地域福祉の関係について、戦後における地域社会の変化に着目して説明しなさい。
    65 地域福祉の推進方法について、関連諸領域との連携、住民参加、民間非営利団体の役割に関わらせて説明しなさい。
    66 地域福祉にかかわる諸計画について、対象の持つニーズ把握の方法と計画の策定、財源確保の問題に言及して説明しなさい。
    67 地域福祉とは何か。その理念と基本的な概念について説明しなさい。
    68 現代日本の地域福祉における社会福祉協議会の役割と課題について説明しなさい。
    63 地域福祉を構成するものとは何か。基本的視点と具体的な構成要件について述べなさい。
     現代社会の特徴に「生活の社会化」がある。高度に成長した経済と共に、生活様式の変化は様々な生活問題を生み出している。人口の集中化、地域の過疎化、高齢化、少子化の進行などにより、地域コミュニティは次第に解体され、崩壊していき、家族や地域社会での相互扶助により完結されていたものが完結出来なくなった。よってその機能を社会的に整備する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。