W0853   精神保健福祉援助技術各論

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数248
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    W0853   精神保健福祉援助技術各論 で2014年に受験しました。8パターンあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・精神保健福祉分野で活用されるチームアプローチによるネットワーク形成と機能について述べよ。
    ・精神障害者あるいはその家族のセルフヘルプ運動の経緯と成果について述べよ。
    ・精神保健福祉士分野におけるチームアプローチと連携の重要性ついて述べよ。
    ・精神保健福祉士領域においてコミュニティワークの意義について述べよ。
    ・精神保健福祉士領域においてコミュニティワークの中でも地域アセスメント期について述べよ。
    ・精神保健福祉士として精神障害者とその家族に対して果たすべき役割は何か。
    ・精神保健福祉分野におけるケアマネジメントとスーパービジョンについて述べよ。
    ・精神障害者の危機介入におけるケースワークについて述べよ。
    ・精神保健福祉分野で活用されるチームアプローチによるネットワーク形成と機能について述べよ。
     チームアプローチとは、二人以上の専門の異なる職能集団と協働して、共通の目的を達成するために協力することである。チームアプローチが必要とされる背景は、チームアプローチが必要される背景は、単独世帯、子どもの居ない世帯の増加により、ケア機能が低下してきており、さらに多様化を極めており、一つの専門職..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。