W0789 心身ケア論

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数106
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    W0789 心身ケア論  2014年度4月分の科目最終試験です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    W0789 心身ケア論(2単位)
    63褥瘡について説明せよ。また褥瘡予防として、どのようなことが考えられるか。
    64 ICFの意義について述べよ
    65 廃用症候群について説明せよ。また廃用症候群を防ぐため、どのようなことが考えられるか。
    66 認知症とは、どのような状態をいうのか説明せよ。またアルツハイマー型認知症と脳血管性認知症の違いを述べよ。
    68 リハビリテーションについて全人格的復権という視点が欠かせないのはなぜか。
    69=嚥下性肺炎について説明せよ。また嚥下性肺炎予防として、どのようなことが考えられるか。
    W0789 心身ケア論(2単位)
    63褥瘡について説明せよ。また褥瘡予防として、どのようなことが考えられるか。
     じょくそう(褥瘡)とは、俗にいう「とこずれ」のことであり廃用症候群(生活不活発病)の代表的な症例である。皮膚の圧迫及びずれ応力により局所の血行が阻害されたためにおこる阻血性壊死である。皮膚、皮下脂肪、時には筋肉まで及ぶ。栄養状態低下時、感覚麻痺、排泄物などによって皮膚が温潤(おんじゅん)・汚染されている場合は特に生じやすい。しかし、これらの条件だけでは褥瘡発生に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。