W0770 医学概論 科目最終試験(2014年度)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数254
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    W0770 医学概論  2014年度 科目最終試験です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    W0770 医学概論
    63 感染症と免疫について述べよ。(2)
    64 血液や血管の異常や障害を起こす疾患について述べよ。(2)
    65 身体の発達と老化について述べよ。(2)
    66 精神疾患と高次脳機能障害について述べよ。(2)
    67 ICF(国際生活機能分類)について述べよ。
    68 健康と病気について述べよ。
    63 感染症と免疫について述べよ。(2)
     われわれの体は、通常さまざまな体の機構によって微生物の進入を防いでいる。皮膚や粘膜による物理的防御機構、血液中の白血球による微生物排除機構(特にリンパ球)などである。しかし、微生物の感染力が強い場合や糖尿病など全身疾患により防御機構が弱っている場合には、微生物が体内に侵入、増殖して病原性を現す。この場合の感染は、日和見感染という。感染を起こした患者は、易感染宿主と呼ばれる。
    感染とは、微生物が体のなかに侵入して定着することをいい、感染によって生じる病気を感染症という。感染症は、細菌やウィルスなどの病原微生物のみならず異常プリオンと呼ばれる感染症たんぱくによって引き起こされる場合もある。たとえば、HIVの感染経路は、1、性行為2、血液や血..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。